がん保険の必要性

「がん」について考えてみませんか?

男性、女性ともに、おおよそ2人に1人が一生のうちにがんと診断されます。

一生涯のうちにがんと診断される人の割合

医療の進歩に伴い、早期発見すれば治せる時代になりました。

全国がん(成人病)センター協会加盟施設における臨床病期Ⅰの5年相対生存率(全症例)

がんの治療にはお金がかかり、医療費以外の出費がかさむことも。

入院時の1日あたりの自己負担費用

  • [出典](公財)生命保険文化センター「平成28年度 生活保障に関する調査」
  • ※過去5年間に入院し、自己負担費用を支払った人の直近の入院時の1日あたりの自己負担費用。
  • ※治療費・食事代・差額ベッド代に加え、交通費(見舞いに来る家族の交通費も含む)や衣類、日用品などを含む。高額療養費制度を利用した場合は利用後の金額。

退院患者平均在院日数

こんな費用もかかります。「病院までの交通費」「入院時の日用品」「差額ベッド代」「ウィッグ(かつら)」「健康食品」など

がんの治療にはお金がかかり、医療費以外の出費がかさむことも。

医療技術の進歩により、がん治療においても、生活環境を変えずに治療が行える「通院治療」が増えています。
『通院保障プラン』なら、がんによる通院も手厚く保障します。

こんな費用もかかります。「病院までの交通費」「入院時の日用品」「差額ベッド代」「ウィッグ(かつら)」「健康食品」など

ORIX2017-F-046